スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合宿補足(5)

同時対局形式で現れた局面を一つ紹介したいと思います。

B

...Rc7!

B

R を 黒K から2マス以内に近づけることで、Rf7+ に ...Kd8 で 白R を 7段目から追い返します。

second rank defense などと呼ばれる defense ですが、7th rank defense とも聞いたことがあります。
もちろん b-file でも g-file でも同様に成立します。
スポンサーサイト

合宿補足(4)

前回は黒R が g-file からの横チェックを確認しました。
今回は黒R3段目を確認したいと思います。

白Re7 で ...Rb3 と指したらどうなるでしょうか?

W

Bd5! (mate in 22)

B

R が b1 or b2 に引き返したら Kd6 で勝ちです。黒は一手余っていましたが、さすがに2手無駄にすると負けます。

...Rg3 には 例えばKb6 で勝ちです。

B



白Rf7

B

Bd5 が正解ですが ...Rg3! mate in 50 でドローになります。
前回に続き 50手オーバーその2です。



Re7 と Rf7 の違いは何か?

まず Re7 で成立した Kb6 が何故 Rf7 ではドローになるのかを調べました。

B

...Kc8!

B

Kc6 には ...Rg6+ で白キングを6段目から追い出します。
白R が e7 にいれば Be6 と挿むことができます。

これが R e7 と f7 の違いです。
これは以前にも別経由で調べたことを思い出しました。



Rf7 には黒R が f1 を使うことを防ぐ利点があり、Re7 には Be6 と挿める利点がありました。
ほんの少しの差ですが、状況に応じて役割が違うのは調べるのは非常に楽しいです。

課題として 50手ルールに引っ掛かる局面(2つ)の勝ち方の調査が残っていますが、今回は手を着けるつもりはありません。気になる方は是非チャレンジしてみてください。

合宿補足(3)

黒R が g-file から横チェックするのは何がダメなのか、という疑問が続きます。

例として白Re7 にて 1.Bc6 Rb1+ 2.Kc5 Rc1+ 3.Kd6 Rg1 を考えます。

W

4.Be4!

B

先に g6 を抑えられます。(mate in 21)

ここで 4...Rf1 に戻っても遅く、5.Re8+ Ka7 6.Kc5! Rc1+ 7.Kb5! で今度は b1 を抑えて見事に決まります。

B



白Rf7 の場合

B

同じく mate in 21 で白勝ちです。



では c1 でチェックせず、すぐに ...Rg1 は何か違うのか?

白Re7の場合

B

もともと黒は一手余っていたので、ここで ...Rf1 と起動修正すれば問題なくドローです。

もう一つ面白いドローの変化があります。

...Rc1+ Kd6 Rc7!!

W

取ったら stalemate です。

Re5 Rc4!!

W

これで Ra5 を一旦止め ...Ka7 と逃げる時間を稼ぎます。



白Rf7の場合

B

Rf7 の場合は一手の猶予もありませんでした。
これはメイトになります。ただし ...Rg3 mate in 52, ...Re1 mate in 51
黒が正しく指せば 50手ルールでドローになります。
理論上50手を超える局面があるとは聞いたことはありますが、具体的に実戦で現れそうなのを見るのは初めてです。
(見たけど忘れているだけの可能性もあります)

合宿補足(2)



W

この局面から白が勝とうと思ったら、Kd6 + Bd5 に組み替える方法が最善です。

1.Bc6 Rb1+ 2.Kc5

B

白が組み替えを完成させるまでには2手必要です。黒は3手以内に白の狙いを潰せば負けません。

2...Rc1+!? 3.Kd6

B

チェックは白の狙いを加速させる手ですが、まだ可能です。あと2手で何ができるでしょうか?

3...Rf1! (only move)

W

4.Bd5 に対して 4...Rf6+ で白のセットアップを妨害します。

W

B を e6 で挿めば d5-a8 で使えないので Rb7+ から黒キングが c8 に引き出せず詰みません。



B

では先に白R が f-file を支配していたら?というのが次ぎ疑問です。

ここでは ...Rb2! (only move) が正解です。

W

Rb1-h2-h6 のルートで横からチェックする考えです。
この辺は以前にも調べたことを思い出しました。

合宿補足(1)

先日の合宿で、R + B vs R の問題を4人1チームで1時間分析し、その後私と同時対局形式で勝てるか試すというレクチャーを行いました。その補足です。

今回は、相手が失敗したときにドローにできるか、という私自身のトレーニングにもなっていました。
私がミスした局面を載せておきます。

B

...Kd7 or ...Ke7 が正解で、Rf7+ Ke8! で R に当てて、 Kd6 に ...Rxd5 を用意します。



W

全体を左にずらした局面です。
これも白番白勝ちです。
勝ち方は合宿の問題とほぼ同じ方法で勝てます。興味のある人は是非調べてください。



W

さらに左にずらした局面はドローです。
黒キングをさらに端まで追い込んでいるので勝てそうに思えますが、Q-side の侵入経路がないのが仇になります。

いくつかのボードでは、自分のトレーニングのために、この局面に持ち込みました。しかし正しい守り方を理解していなかったため、再び白勝ちの最初の局面に戻りました。

帰宅後調べてみて、前にもそんなこと調べたなー、と思い返すとともに、新しい発見もありました。
次回から載せたいと思います。
最新コメント
最新記事
プロフィール

Yaranaika

Author:Yaranaika
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
みくろっく

みくろっく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。