スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

endgame study by Chernin

Chernin から出題された問題です。

W

続きを読む

スポンサーサイト

GM Chernin へのインタビュー (1)

日曜日の朝霞のレクチャーで、類似したモチーフをひとつのテーマとして体系立てて勉強しましょうという話がありました。
後日、観点を変えて、自身がもっともよく学んだプレーヤーは誰かと聞いたら、Akiba Rubinstein の名が帰ってきました。私個人としても最も好きなプレーヤーですが、その割には、名前を聞くのはえらく久しぶりです。

いい機会なので少し調べてみたいと思います。

Pawnless endings

endgame study を解く際に、最終的な駒割でポーンが一切存在しない状況が発生します。実戦的にも多少の知識は知っておいていいと思います。

①N + B vs B (B は同色)
 例外を除き、基本的にはドロー

②N + B vs B (B は色違い)
 これも例外を除き、基本的にはドロー

③R + B vs N + B (同色)
 ドローのようです。

④R + B vs N + B (B は色違い)
 これはR側の勝ちです。古いstudy ではこの駒割をドローとした問題があります。
 endgame study を解く際のヒントとしては重要ですが、実戦的には非常に稀で、難易度も相当高いです。



①、②は実戦的にも役に立ちますが、③、④はそうでもないと思います。

同時対局でのオープニング選択

同時対局での序盤の選択として、普段から指し慣れているシステムを選ぶのが大道ではありますが、相手が知らない gambit やポーンを捨てて果敢に主導権を狙う変化を(やり過ぎでない範囲で)選ぶのも、もうひとつの選択だと思います。

そのためには、普段から奇襲戦法を蓄えておくことと、相手のレパートリーを事前に研究することが必要です。

25日の GM Chernin 同時対局に参加された方はどうだったでしょうか?
明日28日の対局も注目したいと思います。

百傑戦より (3)

隣で指されていた 羽生 - Averbakh 戦です。

1.e4 Nc6 2.Nf3 Nf6 3.e5 Ng4 4.d4 d6 5.h3 Nh6 6.e6 fxe6 7.Bxh6 gxh6 8.Nh2 Bg7 9.Qh5+ Kd7

W

database にはここまで同じ棋譜がみつかりました。

10.c3 Qe8 11.Qd1 Qg6 12.Ng4 e5 13.d5 Nd8 14.Bd3 Qf7 15.0-0 e6 16.c4!?

W

16...e4 17.Bxe4 Bxb2 18.Nd2 Bxa1 19.Qxa1

B

確かこんな変化だったと思います。何か抜けているかもしれませんが、白が exchange を捨てる代わりに展開の早さと中央の不安定な黒キングで代償を得る試合となりました。

百傑戦より (2)

小島戦の勝負の分かれ目は黒の35...Rd5の直後だったと考えます。

W

お互い、まず考えたのは 36.Rxe4 Rxd2 37.Kg2 Rd1 38.Re1 Rxe1 39.Rxe1 Rb2

W

でした。黒はここで思考を止めたのが最大のミスで、この後の白の手が見えていれば他の勝ち方を見つけたはずです。

40.Re8+ Kf7 41.Rc8 Ke6 42.Kf3 Kd5 43.Ke3

B

そして本当にこの通りに試合が進み、内心大喜びしました。
冷静に考えれば 39...Rb2 で ...Rb1 を threat にしつつ b-pawn を狙うのは 40.Re8+ から 41.Rc8 で完全に空振りです。

Endgame study Tornado (2)

W

Ryabtsev 1997
White to Play

続きを読む

百傑戦より (1)

自分以外のボードでの戦いを紹介します。

W
poisition after 11...Rb8

12.Nc4 Nb6

W

13.Nxd6! +/-

B

13...Qxd6 には 14.Bf4 で b8 の R が落ちます。
しかしここから黒が立て直す展開となり、形勢が二転三転したようです。



黒は ...Rb8 の前に ...Re8 が必要でした。

11...Re8 12.h3 Rb8 13.Nc4 Nb6 なら 14.Nxd6? には 14...Qxd6 15.B4 Re5 と挿んで問題ありません。

百傑戦振り返り

二日目は、結果からみると入賞者との3連戦となりました。

4R 小島君  ポーンダウンの完全な死に体をエンディングでごまかしてドロー
5R 羽生さん 中盤で瞬殺される
6R 外尾さん exchange down の必敗を黒ややよしまで持ち直すも、誤判断でエンディングに突入した後ごまかしてドロー

こうして振り返るとエンディングでごまかしてドローしか仕事をしていません。
でもそれはいつもの通りの結果です。

Knight Ending (4)

W

Kubbel
White to play

続きを読む

Chesscafe Endgame Study 402

W

Kuznetsov & N. Kralin 1965
White to Play

続きを読む

Chesscafe Endgame Study 770

W

Duras 1900
White to Play

続きを読む

Knight Ending (3)

W

Benko
White to Play

続きを読む

Endgame study Tornado (1)

W

Kok 1933
White to Play

続きを読む

Knight Ending (2)

W

Kubbel
White to Play


前回、黒K を h-pawn の前に閉じ込めてメイトにする方法を学んだことと何か関係はあるでしょうか?

続きを読む

Knight Ending (1)

W

Troitsky
White to Play

続きを読む

Endgame Study Wotawa (2)

W

Wotawa
White to Play

続きを読む

Endgame Study Wotawa (1)

W

Wotawa
White to Play

続きを読む

Chesscafe Endgame Study 775

W

D. Collins, 2005
White to Play

続きを読む

Chesscafe Endgame Study 783

W

Philip Richardson, 1892
White to Play and Draw

続きを読む

最新コメント
最新記事
プロフィール

Yaranaika

Author:Yaranaika
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
みくろっく

みくろっく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。