スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外マスター全員帰国

本日をもって、海外選手10名全員が帰国しました。
9月末にすべての清算が済んだら、スタッフの打ち上げをやりたいと思っています。
高い寿司が食いたい。予算?一人当たり10kでこっそり計上しておく。
スポンサーサイト

Blitz振り返り

W

大会後は暫く寝込んでましたがそろそろチェスの勉強を再開しようと思います。
rapidトーナメント後に指した自分の Blitz の局面を振り返りたいと思います。

22.d5

もちろん白が指す手はこれしかありません。

22...cxd5

W

23.Nxd5?

ここは 23.Rxc8 を入れる必要がありました。23...Qxc8 で Q が g2 の B のラインから逃げるので c8 での交換を避けるべきという考えは間違いでした。

B

23...Qa6?

N の discovered check で Q が落ちることは気にせず 23...Rxc1 で問題ありませんでした。
24.Rxc1 Rxd5 で黒良しでした。

24.Nxe7+ Kh8 25.Nxc8 Rxc8 26.Qe7 Be6 27.Rxc8+ Qxc8 28.Rd8+ 1-0

感想:分析すると双方にミスが多いのがわかります。

GMのチェス

W

この試合は自分が記録担当だったので最初からすべて見ていました。
ここで白番です。...Nf3+ の threat があるので Qxd5 の一手です。
白はポーンアップで b7 を狙っていますが、イコール白良しの評価を下すのは軽率だと思います。

ピースの働きを見れば黒が圧倒的に優勢です。黒マスの弱さも心配です。
そして短い時間の中でそれを具体的な手順で勝ちに導く GM の力量に関心しました。

本人に聞かないと分かりませんが、これがすべてGMの戦略通りだとしても不思議ではありません。



ところは Blitz の棋譜がどれくらい復元できているか?
自分が記録した一番ボードの18試合は完了しました。
棋譜は公開するのか?
一部の選手から控える要望があるので検討中です。

rapid 三日目

三日目の試合は午前中に終了し、昼(14時)からは blitz による交流試合となりました。スタッフがマスターに挑めるこの機会に、私はオーガナイザーの意地で GM に一勝をあげました。(代わりに10敗していますが)

あとは
IM戦 2勝5敗1分
WIM戦 1勝
CM戦 1勝1敗
といったところです。

rapid大会(二日目)より

今日の 8R で最後まで激闘が続いた試合からの局面を紹介したいと思います。

W

白の戦略は黒の弱い b-pawn とセンターポーンによる優位ですが、ここから具体的にどう手を進めるのか、GM の判断をみせてもらいました。
この局面は試合後も複数の GM/IM により検討されていました。

Friendly Blitz game

横浜の大会終了後に参加者の一人である IM と方と Friendly Blitz をしました。
1勝1敗で迎えた3戦目、白必勝の局面で事件が起きました。

W

1.Rb8?
1.Qe1! から e7 に入るべきでした。

1...Qa5?
1...Qe8!

2.Kg2
back rank check を消します。

2...h6 3.Qb7! Kh7 4.Qa8! Rxb8 5.Qxb8 Qe1

W

6.Bg8+ Kg6 7.Qe8+?? Qxe8

直前の Qa5-e1 を指される前の時点では、これが成立すると思っていましたが、...Qe1 の後のことはもはや考えていませんでした。
1.Bf7 で即死でした。脳がまともに働かない私は 1...Qe4+ を面倒だと思いましたが、2.Kh3 で何もありませんでした。

第一回横浜国際チェス大会

誰も知りませんが「第一回横浜国際チェス大会」が正式名称です。
持ち時間を60分30秒Fischerに変更しようとしましたが運営の不備があり、当初の blitz/rapid になりました。

1Rの当たり予想

横浜国際大会の1Rの組み合わせ(仮)

Gharamian, Tigran - Baba, Masahiro
Andriasian, Zaven - Julie Gromova
Pelletier, Yannick - Maria Butuc
Golod, Vitali - Misaka, Susumu
Ghaem Maghami, Ehsan - Noguchi, Koji
Bajarani, Ulvi - Nakamura, Naohiro
Habu, Yoshiharu - Usuba, Hiroto
Ikeda, Junta - Kobayashi, Atsuhiko
Bajarani, Ilgar - Kitano, Toru
Lim, Yee-Weng - Tanaka, Toshiki
Nanjo, Ryosuke - Uchida, Narumi

国内のIM~FMクラスの実力者は上手となり、馬場選手が1BでGMと対戦になると思います。
なおGM1人が連絡待ちのため組み合わせが代わる可能性はあります。

海外選手一部修正

参加者
Tigran Gharamyan (GM,2655,FRA)
Zaven Andriasyan (GM,2610,ARM)
Vitali Golod (GM,2578,ISR)
Yannick Pelletier (GM,2574,SUI)
Ehsan Ghaem Maghami (GM,2554,IRI)
Ulvi Bajarani (IM,2417,AZE)
Ilgar Bajarani (IM,2313,AZE)
Lim Yee Weng (IM,2309,MAS)
Julie Gromova (WIM,2225,RUS)
Maria Butuc (WIM,2224,RUS)

平均FIDEレート:2446


GM:5 IM:3 WIM:2

現在の回答待ちは
Dmitry Kryakvin (GM,2576,RUS)
Maria Manakova (WGM,2351,SRB)
の2名

不参加
Dao Thien Hai (GM,2500,VIE)
Nguyen Anh Dung (GM,2468,VIE)
Guliskhan Nakhbayeva (WGM,2339,KAZ)
Bella Gesser (WGM,2290,ISR)

横浜国際大会の参加者

8/14~18に横浜で開催される大会は一度中止になりましたが、その後別会場での開催が決定され、以下の海外選手からは改めて参加表明をいただいています。

Tigran Gharamyan (GM,2655,FRA)
Vitali Golod (GM,2578,ISR)
Yannick Pelletier (GM,2574,SUI)
Ehsan Ghaem Maghami (GM,2554,IRI)
Ulvi Bajarani (IM,2417,AZE)
Guliskhan Nakhbayeva (WGM,2339,KAZ)
Ilgar Bajarani (IM,2313,AZE)
Lim Yee Weng (IM,2309,MAS)
Julie Gromova (WIM,2225,RUS)
Maria Butuc (WIM,2224,RUS)

平均FIDEレート:2419


GM:4 IM:4 WGM:1,WIM:1

開催まで残り僅かですが、他の選手についても辞退者はおらず、順次参加表明をいただけると思います。



続いて国内選手一覧を発表します。

No. Name title rating 競技国籍
1 羽生 善治 FM 2404 JPN
2 池田 惇多 FM 2339 AUS
3 南條 遼介 CM 2300 JPN
4 松尾 朋彦 CM 2251 JPN
5 三阪 晋 - 2088 JPN
6 野口 恒治 - 2087 JPN
7 中村 尚広 - 2082 JPN
8 薄葉 洋人 - 2053 JPN
9 井上 祥 - 2041 JPN
10 小林 厚彦 - 2016 JPN
11 北野 亨 - 1865 JPN
12 田中 寿樹 - 1843 JPN
13 内田 成美 WFM 1828 JPN

平均FIDEレート:2092

現全日本チャンピオンとblitz

今年の全日本チャンピオンである池田君と blitz (3/2) をした結果、なんとか2ドローを取るのが精一杯で、何度負けたのか分かりませんでした。勝率は 5% といったところでしょうか。

気付いた点は2つ
(1) 以前勉強したことのある序盤はそれなりに戦えること。相手との知識差で勝負になりました。
(2) 3/2 は 5/0 に比べてすぐに時間切迫になる感覚があり、トレーニングが必要だと思いました。
ただ8月の大会では blitz/rapid から 60/30 に変更になるので緊急性は薄れました。

池田君は数日後から始まるジャパン・リーグに参加するので優勝を目指して戦ってもらいたいです。

P.E Chapter 6より

W

正月の合宿で配布した Secrets of the Pawn Endings を地道に続け、Chapter 6 までを解き終わりました。
Chapter 6 で面白かった問題を載せたいと思います。

実際には配布した Chapter 9 までにうち、7の半分、8の全部、9の半分は解いているので、気付いたら残り僅かでした。

頭脳スポーツフェスティバル

ただの参加者だったはずなのに、国内の広報と選手の取りまとめをすることとなり、終には資金集めまでしないといけなくなりそうだ。自分でも何をいっているのかわからない、まさにポルナレフ状態。
最後の行動はしないで済むように願いたい。
最新コメント
最新記事
プロフィール

Yaranaika

Author:Yaranaika
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
みくろっく

みくろっく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。