スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の例会の別解

前回の例会でいくつか別解がありました。

W

Bg4 から Rc1-c7 の侵入をプランが指摘されましたが、...Bxg5 Rc1 Nc6! で決まりません。



W

Ne4 から Nf6+、Bc3 が解答よりも自然で強力でした。



W

e5 でも勝ちはありますが、解答の方がシンプルに決まります。



W

例会で見つかった Re6 Nbd7 c5! も十分です。



W

本譜以外の勝ちとして、Nxf7 という決め手がありました。
...Kxf7 Rxe6! で白勝勢
スポンサーサイト

本郷例会11/29からの問題

来週から使用する問題を載せておきます。
画像は拡大表示すれば多少は見やすくなります。

最近のblitzより(1)

blitz/bullet で主に差し損ねた手を載せたいと思います。

B

Bの性能差にワンポーンの代償がある局面。
ここは ...Bxf3! とすぐに交換すべきでした。
gxf3 Nxe3 fxe3 Qg5+ Kf2 Qh5 ならパぺ。

続きを読む

Sky Open 振り返り(3)

大会後には土曜日にトレーニングを開く話や、(電車賃が出るならば)筑波にチェスのレクチャーにいく約束をしました。夏の大会の清算が完了すれば、もちろん電車賃無しで行きますが。

私は後輩・学生には無料でなんでもレクチャーします。(舞台は主に本郷ですが)
社会人の方は、本郷の例会ならば無料で、それ以外でも時間は十分にあるので機会があれば全国どこでも格安でレッスンを引き受けますが、声を挙げて生徒を募集しているわけでもないので今のところ何もありません。希望する奇特な方はコメントを。

Sky Open の昼食は某理由でマクドナルドにしましたが、そのせいか、他にも理由はあるのかもしれませんが、翌日ひどい体調不良に見舞われました。

Sky Open 振り返り(2)

2R

W

どう見ても黒がよし。白が間違えると一気に敗勢になりそうなです。
白はビショップをいかに使うかが課題で、Bc1 も考えましたが、別の手で誤魔化しを狙います。

22.Nb6 Rad8 23.Nxd7 Rxd7 24.bxc6 bxc6 25.Ne5

B

ポーンを捨てる代わりにビショップの効きを増やことで誤魔化します。

25...Bxe5 26.dxe5 Qxe5 27.Bb2

B

27.Bb2 を入れずに 27.f3? は 27...Qc3 で守れます。
27.Bb2 の代わりに 27.Rb6 と指すのもありだったかもしれません。

ここは 27...d4 の一手だと思っていました。

28.f3 Nxc5 29.Qc2 Qd5 30.Ba3 Ne6 31.Bxf8 Kxf8 で exchange と 2pawn の交換になりますが、まだ黒がいいと思います。

W

本譜は 27...Qf4? 28.Qd4! で白が求めた理想的な形になります。

B

28...Nf6

W

特に考えずに 29.Qxf4 gxf4 と Q を交換しましたが、試合後に考えると黒に d4 を取らせるべきでした。

30.Re6 で f6 と c6 を狙う手には ...Rb7 で B をピンにする手が面倒なので先に 30.Bd4 としましたが

30...Ne4 31.Rb6 Rc8 32.f3 Ng3 33.Re6 Kf7 34.Rf6+ Ke8

W

ここまで進んだところで黒には...Ne2+ の狙いがあり、e-file を明け渡すと ...Re1+ から R + N のメイトがあることに気付きます。Q を交換せずに すぐに 29.Re6 と指していれば 29...Qxd4 30.Bxd4 とテンポよく b-file が開き、...Ne4 に f3 とする必要もなく、勝ちを目指せます。

35.Bf2 で無理してでも続けます。
35...d4 36.Bxg3 fxg3 37.Kf1 d3 38.Ke1 Re7+ 39.Kd2 Re2+ 40.Kxd3 Rxg2 41.Rb7 Rd8+ 42.Ke3

B

42...Rxa2?

時間切迫でポーンを取った手が結果的にミスでした。
ここは 42...Rd7! の一手で、白はどう続けるべきか考えていました。

43.Re6+ Kf8 44.Rf7+ Ke8 45.Rff7

B

やはり 7th rank に連なった 2つの Rook は強力です。

45...g2?? 46.Rce7#

このメイトを防いでも Rxh7 から Rh8# の狙いが残るので不利な戦いを強いられます。

Sky Open 振り返り(1)

Sky Open の試合を振り返りたいと思います。



1R

B

一時的にポーンを捨てて b4 にパス・ポーンを作った後、a5 を取り返せる局面。
...Ra6? は ...b6 から ...bxa5 を狙うも axb6 Rxa2 b7 でポーンが止まらないので意味がない。なぜこの手を指したのか自分で理解できません。すぐにポーンを取るべきでした。



3R

B

...Nd5 と ...Nxe4 の選択で迷った局面
...Nxe4 Qxe4 f5 Qc4...Bd6 が見えたのでこちらを選択

B

順当に e-pawn を伸ばし、白から Bxc6 で B と N を交換してきた局面。
ここは ...bxc6! とあえてポーンで取り返し、Nd4 に対して ...c5 で N を追い返せるようにします。
Nd2 Be6 で c4 を抑えて黒やや良しです。
今大会の数少ない好手の一つだったと思います。

B

時間切迫で ...Qg6? と意味の無い手を指した後、...f4! と指すべきだったことに気付きました。

今日の問題(11/4)

打ち上げで出題した問題です。

W

出典を忘れて1時間くらい探していました。
Kupreichik - Liberzon, Sochi 1970 でした。

本譜ではドローでしたが、詳しく調べたら勝ち方が3通りありました。
いずれ本郷の例会で扱うかもしれません。
最新コメント
最新記事
プロフィール

Yaranaika

Author:Yaranaika
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
みくろっく

みくろっく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。