スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駒の交換

ノートPC(XP)が完全に故障したので、替えのPC(Win10)を用意しました。
使い勝手はいまいちですが、これからたまに更新しようと思います。

今回は大八で指された試合を例に、駒交換について考えてみましょう。


W

1.Rc1!

白は K-side での無茶なサクリファイスにこだわらず、Rを交換しにいきます。

この時点で白には、ある構想があります。

1...Qb7 2.Rhh1 Bf6 3.b3

B

3...Bd8 この瞬間、Rの連携が切れるので、3...Rxc1 4.Rxc1 Rc8 から ...Bd8 がありました。

4.Rxc8 Bxc8 5.Rc1 Bb6 6.Bxb6 Qxb6 7.Nb2 Bd7 8.Nc4 Qa7

W

9.Qe3!

B

Qを交換すればa5のポーンの弱点が問題になります。
これが最初に述べた構想です。
伸びた Q-side のポーンが弱いのは、Open Catalan でよく見るアイデアです。

9...Qxe3 10.Nxe3 Ra8

10...Rc8 11.Rxc8 Bxc8 12.Bb5! なら 次に Nc4 で a5 が落ちます。
この Bb5! も有名なモチーフがあります。

11.Rc7 +- Be8 12.Nfg4 a4 13.Nf6+ Kf8 14.Nxe8 axb3 15.axb3 Kxe8 16.Bb5+ Kf8 17.Ba4

B

a-file は閉じて、黒Rを活躍させません。
黒は b4,d6,h6 の弱点を支えきれません。

17...h5 18.Nf5 h4 19.gxh4 Nxh4+ 20.Nxh4 gxh4 21.Kh3 Kg7 (21...Ng5+ 22.Kg4) 22.Kxh4 Kf6 23.Kg3 Rh8 24.Rb7 Ng5

W

黒はポーンを捨てて反撃を用意しました。
ここにきて、白は初めて計算する必要がでました。

25.Rxb4?? Rh3+

W

f3 が落ち、この後さらに e4 も落ちて黒が持ち直したところでドローが合意されました。

25.Rxb4?? の代わりに 25.Bd7 だと 26...Rh7 があります。
ここは 25,Rb6! が正解で白勝ちでした。
あらかじめ黒の反撃を予想して、その芽を潰すなら、24.Rb7 の代わりに 24.Bd7 がありました。



今回、私がアドバイスというか口出ししたのは、1.Rc1 と 7.Qe3 の二箇所で、どちらもどの駒を交換すべきかを焦点にしています。
それがわかると局面が勝手に良くなるので、有名な形・例はいくつか押さえておきたいところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
最新記事
プロフィール

Yaranaika

Author:Yaranaika
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
みくろっく

みくろっく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。